プロテオグリカン 1g 3000万円

プロテオグリカンはかつて1g3000万円もした超高級の美容成分だったってホント?

プロテオグリカンは1g当たり3000万円<

 

プロテオグリカンは、その昔1g当たり3000万円

 

これまでプロテオグリカンは熱に弱く、さらにコラーゲンやヒアルロン酸のように複雑な分子構造を持つため、抽出するにはとてつもない工程が必要でした。
そのために莫大なコストがかかり、一時期は1gあたり3000万円もする成分で「夢の美容成分」とも言われていたのです。

 

ところが青森や新潟にもある魚の鮭を使った「氷頭なます」という郷土料理からヒントを得て、弘前大学主導の青森プロジェクトによって鮭の鼻軟骨からとれることに成功し大幅なコスト削減に成功しました。

 

鮭という魚から摂れるということでこれまでの方法とはまったく違う酢酸抽出により、画期的な低価格のプロテオグリカンが誕生。
鮭と酢だけで摂れるので簡単にできて安全な成分として世界中から注目されることになります。

 

さらに、プロテオグリカンはサケの頭を材料にしているので、安価で安全に人間にも使用できるのです。
サケを酢を使って抽出することによって、薬品などを使わず食品から安全に取れるので安心。

 

また、サケの頭はもともと廃棄される部位なために、ただ同然ということでコスパが良すぎです。

 

こうして現在では、美容成分としてまた関節サポート成分としてたくさんの商品がプロテオグリカン配合として普及していることはご存じかと思います。
ここで改めてプロテオグリカンについて詳しく調べてみたので、よろしかったら参考にしてみてください。

 

 

プロテオグリカンとは?

 

プロテオグリカンとは、たんぱく質であるプロテインと糖質のグリカンが結合したもので、いわゆる多糖タンパク質の一種でグルコサミノグリカンを主成分とするタンパク質の複合体。

 

おなじみのヒアルロン酸やコラーゲンなどと同様に保水力に優れており、ハリや弾力に優れて皮膚の美容や関節のサポートに優れています。
中でもプロテオグリカンは優れた保水力や弾力性が頭一つ飛び出ており、他の美容成分よりも少量であっても効果が抜群。

 

さらにヒアルロン酸と組み合わせることによって、さらなる保湿力の効果がでると期待されています。

 

 

プロテオグリカンを使ったマウス実験

プロテオグリカンの効果

 

抽出特許を持つ弘前大学でプロテオグリカンの抽出、研究がすすみマウスによる実験を行ったところ次の4つの効果が確認されました。
プロテオグリカンの効果には、次のような作用があると弘前大学の研究チームによって解明されています。

 

  • 抗炎症作用 
  • 細胞増殖促進作用 
  • 軟骨再生促進作用 
  • 骨代謝異常改善作用 
  • 保湿作用

 

さらにプロテオグリカンによってコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、3つのうるおい成分が高循環を生み出してくれるのです。
今のところは、高い保水力を求め、肌のハリや弾力を整えて美肌効果を求める方や関節の軟骨クッション機能を高めてくれる成分として多くの商品が開発されています。

 

 

プロテオグリカンのこれから

 

弘前大学での研究の結果、プロテオグリカンを飲んで関節痛によい効果があることが分かりました。

 

しかもプロテオグリカンはごくわずかな量でも抜群の効果を発揮できることも分かっています。
現在あおもりPG推進協議会にてプロテオグリカンはまだまだ研究中であり、将来的に医薬への応用に視野を広げ無限の可能性をもつ成分として期待されています。
(PG:プロテオグリカンの略)

 

将来的にはほかの効果も活用できるように日々研究が続けられています。

 

これからも期待できるプロテオグリカンの動向には注目していきたい成分のひとつですよね。

 

参考
https://shingi.jst.go.jp/var/rev0/0000/8410/2018_3tohoku_2.pdf